コンサート会場での録音・録画・撮影は禁止 コンサートチケット取得方法☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑トピックイットに投稿する

コンサート会場での録音・録画・撮影は禁止

ライブ中は会場内での撮影・録音・録画は禁止!


ライブ会場に着くと、必ずアナウンスでも呼びかけられるかと思いますが、
会場内での撮影や録音、録画は著作権や肖像権などの問題からも禁止行為となっています。
撮影のみならず、カメラやボイスレコーダーなどの持ち込み自体が禁止されているので、
会場に入る前には手荷物検査をする場合も多く見られます。

会場に入る前に、こうした録音機器などが見つかった場合は、その場で
係の方があずかる形となり、ライブ終了後に受け取りに行かなくてはいけません。

周りにいる人からも冷たい目でみられることでしょう。
カメラなどを持っている人は、最初からロッカーなどに預けておくことをお勧めします。


携帯での撮影や録画も当然禁止です。
携帯は会場に入ったら必ず電源を切っておきましょう



普通に常識的に考えればわかる話だとは思いますが、アーティストがステージで
歌をうたっているときに、周りでシャッターの音やストロボの光、携帯の光が目に入ったら
嫌な思いをしませんか?

自分は何とも思わないかもしれないですが、真剣に歌を聴いている周りの人からみれば
大迷惑な行為でしかありません。


録音や撮影をしていることが見つかった場合、会場内から退場させられることもあります。

最悪の場合は、ライブが中止・・という事態にもなりかねません。


実際に撮影している人が発見されて、予定されていたアンコールが中止になった。
というケースがあります。



せっかく何か月も前から我々ファンのために・・と企画していた演出が、
一部のマナーの悪いファンのせいで台無しになったとしたら、
周りのファンだけでなく、大好きなアーティストにも迷惑がかかる
行為なのだということを、もっとしっかりと自覚してもらいたいです。



DVD撮影をしている時にまで、携帯のフラッシュが映り込んでいるものがありますが、
恥ずかしい行為をしている・・という自覚は本人にはないのでしょうか。


その撮影した写真や録音したものをオークションなどで販売・・などと考えているなら
立派な犯罪者となりますから、軽々しく考えるのは危険です。



著作権侵害は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金です。



以下参考記事です。

⇒ はじめての著作権講座


⇒ 肖像権について




入手困難なチケットを定価でゲット♪⇒ ランキング


15:57  |  コンサート観戦時のマナー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑トピックイットに投稿する

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ticketget.blog32.fc2.com/tb.php/26-c01cd3e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。